明治23年の風水害

災害年月日
1890年00月00日
市町村
高知県四万十町(窪川町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治23年(1890)の風水害時には、台風が去って日が差してきたため家路に急いだが、1、2時間後に大激流が平地の家屋を押し流した。原因は上流の東津野村で山崩れが起き、川をせき止めていた土砂が一気に流出したためであった。(「窪川町史」による)上流の様子が下流に伝えられていれば被害を防ぐことができた可能性があり、災害時の情報伝達の大切さを伝えている。
地理院地図
Googleマップ
備考
高岡神社には明治23年の水測標が建てられている。
参考画像
参考文献
和田一範・松尾裕治・山本基・武田由美子「四国に伝わる災害の教訓に関する考察」(土木学会土木史研究委員会編「土木史研究講演集Vol.27」2007年)、305頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 山崩れ せき止め 窪川町史 情報伝達
NO.
高知5292

よく似た災害

明治23年の台風

image

明治23年(1890)、台風による集中豪雨のため、窪川町で山崩れ、水害が起こったが、やがて四万十川の水は急に引き始め、陽も差してきたため、人々は家路に... 続きを読む

明治9年の風水害

明治9年(1876)、大風水害により、被害が甚大であったと伝えられているが、これを具体的に示す記録は残っていない。慶応2年(1866)に有同村の百姓が... 続きを読む

明治25年の保瀬の崩壊

image

明治25年(1892)7月25日、豪雨が海部川上流や那賀川上流を襲ったため、保瀬で大崩壊(土量約200万立米)が起こり、海部川の水を堰き止めた。このた... 続きを読む

明治25年の高磯山の崩壊

image

明治25年(1892)、上那賀町の高磯山崩壊により、那賀川の水がせき止められ、薬師堂が浮いて約300m流され、せき止められた土砂の崩壊により再び元の場... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日と5日連続して大地震が起こった。この地震については、元脇地の坂本家に伝わる「大地震洪波事記」が地震時や地震後の様子などを... 続きを読む