安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県吉野川市(鴨島町)
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月4日午前9時頃、大地震が起こり、翌5日夜明けまで地震が5、6度に及んだ。5日8時頃大震、12月にも強震がった。人々は竹藪の中などに小屋が消して避難した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鴨島町教育委員会編「鴨島町誌」(鴨島町教育委員会、1964年)、899頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震
NO.
徳島162

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日、大地震と津波。「立田村誌」によると、4日では第二震の時の津波が高く、立田近くまで押し寄せてきたため、人々は山田方... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)、大きな揺れが4日間も続く大地震があり、人々は建物の倒壊や地割れを恐れ、戸外に並べた畳の上や竹藪の中で寝泊まりしたと伝わっている。... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日午後4時大地震が起こり、午後5時頃大津波があり、人々は西福寺や岡地の藪の中に避難したが、強震のため歩行も困難で、空飛ぶ鳥... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)、大地震により、震動数日に及び、人々は竹やぶ内に仮小屋を設けるなどして難に備えた 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日の両日、宇摩地方は大地震に襲われる。三島の人々は、2日間、仕事も手に付かず、竹藪に避難して生活した。 続きを読む