明治25年辰の水

災害年月日
1892年07月27日
市町村
徳島県那賀町(鷲敷町)
災害種類
風水害  
概要
明治25年(1892)7月24日の夜、那賀川は増水したが、翌25日には平水となった。これは荒谷山三文峠が大崩壊して、那賀川の水を堰き止めたためであった。27日午後4時過ぎになって、堰き止めていた土砂が崩れ始め、その水は約17m余の濁流となって家屋田畑を壊流した。和食では、濁流を警戒して、村費で人夫を雇い、ヒグレ山で水の来るのを見たら、空砲で合図をすることにしていた。人々は空砲を合図に、身の回り品などを携帯して秋葉山に避難した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鷲敷町誌編纂委員会編「鷲敷町史」(鷲敷町、1981年)、673-677頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
辰の水 高磯山崩壊 那賀川 秋葉山
NO.
徳島1591

よく似た災害

明治25年の高磯山の崩壊

image

明治25年(1892)、上那賀町の高磯山崩壊により、那賀川の水がせき止められ、薬師堂が浮いて約300m流され、せき止められた土砂の崩壊により再び元の場... 続きを読む

明治25年の保勢崩壊

image

明治25年(1892)7月25日午後2時頃、保勢山の中腹が幅300m、長さ800mにわたり崩壊して、海部川を堰き止めた。崩壊により北岸の山麓にあった3... 続きを読む

明治25年の杖追の崩壊

明治25年(1892)7月25日午前3時頃、川上村大字小川の杖追が崩壊して、海部川を堰き止めた。堰き止めにより、小川では川沿いの低地にあった家々と小川... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月11日午前中、大雨となり、川は増水、氾濫し、12時頃には山が崩れた。田畑は一面の泥海と化し、濁流により材木、馬、家屋が流れた... 続きを読む

明治25年の赤土水

明治25年(1892)7月25日、高磯山が崩れて那賀川を堰き止めたため、下流の中野島村付近は数日流水がなくなるほどとなり、村人は岡山や富岡山に避難した... 続きを読む