明治44年の洪水

災害年月日
1911年00月00日
市町村
徳島県阿波市(阿波町)
災害種類
風水害  
概要
明治44年(1911)、大洪水により役場と学校が浸水した。土佐水のため増水は急激で、学校の小使室は座上した。校舎の北部平野は白海で、人を乗せたまま家が流れていった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
林町誌編集委員会編「林町誌」(林町、1955年)、568頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水
NO.
徳島1619

よく似た災害

明治19年9月の台風

明治19年(1886)9月10日夜、台風が豊後水道を北上し、11日6時隠岐の北に出た。佐川、斗賀野方面の被害が特に激しかった。暴風により新荘小学校校舎... 続きを読む

明治20年の洪水

明治20年(1887)10月19日、洪水により佐川新丁で床上浸水が多く、深いところは膝下まで達した。斗賀野西組、鳥ノ巣方面では稲束の流失が多く、佐川小... 続きを読む

明治44年の洪水

明治44年(1911)、大洪水により、知恵島小学校の校舎の窓枠に小舟が着いたほどで、西部を除き全村床上浸水の状態で、堤防の決壊を防止するため、非常警戒... 続きを読む

明治19年の風雨

明治19年(1886)、大風雨により、関谷川が切れ込み、大いに畑地を荒らす。田野小学校校舎の破損大。(西条市自然災害年表による) 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月9日、大洪水のため、紅葉橋が流失し東に流れ、新月橋の南の田の上を流れた後に柳原橋付近で鏡川に戻り、天神橋に激突し天神橋の中程... 続きを読む