大正6年の台風

災害年月日
1917年08月03日
市町村
徳島県阿波市(市場町)
災害種類
風水害  
概要
大正6年(1917)8月3日、台風(最低気圧739.7ミリメートル)により神社の多くの大木が倒伏し、耕地及び作物の損害が甚大であった。全壊10戸、半壊6戸。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
市場町史編纂委員会編「市場町史」(市場町、1996年)、68頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
徳島1648

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、台風(最低気圧710.7ミリメートル)により香美の名木鴻の巣の松をはじめ町内各神社の多数の大木が倒伏した。道路・耕地・... 続きを読む

大正元年の水害

大正元年(1912)9月、大水害があり、香川町で岩崎橋が流失し、浸水水田も多く、稲が倒伏して被害甚大であった。 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)8月23日午前11時から翌24日午前4時まで、台風が猛威を振るった。この台風により、完成したばかりの羽根尋常高等小学校の2棟が倒壊... 続きを読む

大正9年5月の強風

大正9年(1920)5月7日~9日、強風により、麦が倒伏した。(気象庁「気象要覧」による)/多度津の最大風速は北北東14.1m/秒であった。 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)7月21日、大南風が吹き、家屋の損害も少々あり、山々では大木が倒伏すること夥し、雨激しく、近年類いまれな大出水であった。二百二十... 続きを読む