明治25年の洪水

災害年月日
1892年09月00日
市町村
徳島県阿波市(市場町)
災害種類
風水害  
概要
明治25年(1892)9月、県下大降雨により諸川洪水となり、堤防決壊多かった。日開谷川の出水甚だしく、平地裏、ホウソの瀬、樅の木、相栗、大影等の橋梁流失。赤痢流行。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大俣村誌編纂委員会編「大俣村誌」(大俣村、1955年)、442頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 日開谷川
NO.
徳島1689

よく似た災害

明治43年の洪水

明治43年(1910)9月7日、大洪水により、三名村の各谷川の出水が甚だしく、役場は水浸しとなり、貴重な書類も流出した。また、地すべりがあり、田畑や家... 続きを読む

明治16年の干ばつ

明治16年(1883)、大干ばつ、赤痢流行した。 続きを読む

明治16年の干ばつ

明治16年(1883)、大干ばつあり赤痢流行。 続きを読む

明治16年の干ばつ

明治16年(1883)、大干ばつ、赤痢流行した。(「新居郡誌」による) 続きを読む

明治19年8月の台風

明治19年(1886)8月20日午後5時頃より仁淀川の出水甚だしく、吾川郡新川村の春野神社脇の40間程の堤防が決壊し、新川町、森山村、弘岡上の村、中の... 続きを読む