昭和3年の洪水

災害年月日
1928年08月30日
市町村
徳島県阿波市(市場町)
災害種類
風水害  
概要
昭和3年(1928)8月30日、吉野川は大洪水となったが、大正15年(1926)に吉野川改修工事が完成していたため、堤防決壊を免れ被害少し。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大俣村誌編纂委員会編「大俣村誌」(大俣村、1955年)、442頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 吉野川改修工事
NO.
徳島1695

よく似た災害

昭和3年の洪水

昭和3年(1928)、吉野川は大洪水であったが、高知にはあふれ出ない洪水であった。前年に吉野川の第一期改修の堤防が完成していた。 続きを読む

明治21年の洪水

image

明治21年(1888)7月30日~31日の暴風雨により、吉野川は大洪水となり、九分通り完成していた新堤防は決壊し、直下の西覚円・高畑(現在の石井町)の... 続きを読む

昭和3年の洪水

昭和3年(1928)8月30日、吉野川洪水あれども、河川改修のため本村被害なし。(大正15年に吉野川改修工事完成) 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)6月、干ばつにより農作物被害。(徳島気象台の記録による) なお、市場町の干ばつは昭和43年以降一度も発生していない。これは、昭和... 続きを読む

明治21年の洪水

明治21年(1888)7月31日、吉野川は大洪水となり、名西郡西覚円村では引堤工事が完成していない箇所から濁流が浸入して堤防が決壊し、ついに300間ほ... 続きを読む