昭和20年10月の洪水

災害年月日
1945年10月00日
市町村
徳島県阿波市(市場町)
災害種類
風水害  
概要
昭和20年(1945)10月、洪水により水稲作、甘藷が大被害。米の闇相場が高騰した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大俣村誌編纂委員会編「大俣村誌」(大俣村、1955年)、442頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水
NO.
徳島1698

よく似た災害

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月22日、暴風、洪水により、稲作ほか農産物の被害は甚大であった。この災害のため、米価が高騰し、庶民は困窮した。 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月26日、暴風雨により、江川はふくれあがった吉野川の濁水で区別できなくなり、名西郡高原西小学校が流出したほどであった。このため... 続きを読む

享和2年の洪水

享和2年(1802)8月6日、洪水により、損耗34,588石。米価高騰。 続きを読む

明治30年の洪水

明治30年(1897)、大洪水により物部川の両岸数箇所が大被害を受け、佐古村では父養寺字土居ノ下よりツバヤ間の堤防が決壊した。 続きを読む

天保7年の長雨

天保7年(1836)5月から8月にかけて、長雨。米価が高騰し、藩主高朗は藩内に命じて造酒と穀物の積み出しを禁止した。(「香川県気象災害史」、「香川県気... 続きを読む