寛文4年の大火

災害年月日
1664年00月00日
市町村
徳島県海陽町(海部町)
災害種類
火災  
概要
寛文4年(1664)、鞆浦全域で大火。259戸(68%)焼失。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
海部町史編集部編「海部町史」(海部町教育委員会、1971年)、178頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大火 鞆浦
NO.
徳島1723

よく似た災害

寛文8年の大火

寛文8年(1668)3月3日、久礼浦分で大火、民家150戸焼失。 続きを読む

寛文4年の火災

寛文4年(1664)2月3日、海部郡鞆浦で大火が発生し、総戸数370戸のうち259戸が焼失した。(「国政温故録」による) 続きを読む

寛文5年の大火

寛文5年(1665)、東町で大火。前年残った大半が焼失。観音寺焼失。(「観音寺記録」による) 続きを読む

寛文2年の大火

寛文2年(1662)、壬生川村で大火があり、多くの住家を焼失した。この時、庄屋の住宅及び村の年貢米倉庫も全焼した。 続きを読む

寛文7年の大火

寛文7年(1667)12月14日、大火があり民家50余戸が焼失した。 続きを読む