大正4年の台風

災害年月日
1915年09月08日
市町村
徳島県美波町(日和佐町)
災害種類
風水害  
概要
大正4年(1915)9月8日、九州のはるか南方から北上を続けた台風が大隅半島へ上陸して、北九州を通過し、朝鮮東岸に沿って進んだ。日和佐町内では、ちょうど水稲の開花期にあたっていたため、稲が白穂になった。古老の話では、雨が少なく、風が烈しかったのはまれなことで、稲は白穂になり、山の樹木は多数折れたり倒れたりした。海部郡の人々は、これを「アホウ風」と言っていた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
日和佐町史編纂委員会編「日和佐町史」(日和佐町、1984年)、883-884頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 強風 アホウ風
NO.
徳島1766

よく似た災害

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、台風が鹿児島県枕崎に上陸、九州を北上し、中国地方西部に出て日本海に入った。雨量は少なかったが、猛烈な強風を伴っていた... 続きを読む

大正7年の洪水

大正7年(1918)、大洪水。白穂になった田が多く、初めて外米が村々に入った。 続きを読む

大正13年の干ばつ

大正13年(1924)6月から8月にわたって雨量が少なく、平年の60%以下で、県下全般に干害がひどかった。(気象庁「気象要覧」による) 続きを読む

天保6年の風雨

天保6年(1835)夏秋の頃、雨甚だしく、210日は東の大風が吹き荒れ、後になって西風となり吹き返し、稲毛は全部白穂になって収穫皆無となった所が多かっ... 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月8日、台風が鹿児島県に上陸し、九州を北上した。雨量は少なかったが、稲の開花期に当たりカラ風のため、明治32年以来の大被害となっ... 続きを読む