寛文9年の洪水

災害年月日
1669年07月18日
市町村
徳島県石井町
災害種類
風水害  
概要
寛文9年(1669)6月21日の洪水で、伊月村(現阿波市)から多祁経津神社のご神体と延宝2年の棟札が本村上浦村に流れ着いたと「多祁経津御由来記」に記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
浦庄村史編纂委員会編「浦庄村史」(浦庄村史出版委員会、1965年)、362-363頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 伊月村 上浦村 多祁経津神社 多祁経津御由来記
NO.
徳島1821

よく似た災害

寛文9年の洪水

寛文9年(1669)6月21日の洪水で、伊月村(現阿波市)から多祁経津神社が上浦村に流れ着く。(「浦庄村史」による) 続きを読む

寛文7年の風雨

寛文7年(1667)、風雨。高知県歴史年表には「西郡風雨損傷」と記されている。大野見村史には「洪水の為萩中河内大明神破損」と記されている。 続きを読む

安政地震

嘉永7年(1854)11月4日朝辰の下刻から5日にかけて大地震があった。その時の上浦村の状況は、庄屋・阿部惣兵衛の記録に記されている。 続きを読む

大正7年の洪水

大正7年(1918)8月30日、大洪水。当時7歳の人が書いた手記が掲載されている。この手記には、洪水時に流木や牛が流れていた様子や、小学校の教室の壁に... 続きを読む

寛文元年7月の洪水

寛文元年(1661)7月5日、洪水。御家年代略記には「洪水田畑一万余石の損毛」と記されている。 続きを読む