明治32年の洪水

災害年月日
1899年07月08日
市町村
徳島県石井町
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)7月8日、吉野川大洪水。麻植郡牛島村で吉野川決潰、江川が本流となり破堤部から石井へ向かって濁流が押し寄せ、浦庄、高原、高川原が泥海となる。農作物3割2分減収。(「高川原村史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
石井町史編纂会編「石井町史 下巻」(石井町、1991年)、326頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 牛島 吉野川 堤防決壊 高川原村史
NO.
徳島1868

よく似た災害

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月9日、吉野川大洪水。この時、麻植郡鴨島町牛島の堤防が決壊し、破堤部から石井町に向けて濁流が押し寄せ、浦庄、高原、高川原などが... 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月9日、暴風雨により、鴨島町牛島の堤防が決壊して江川が吉野川の本流となり、濁流は破堤部から石井町に向けて押し寄せ、浦庄、高原、... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月11日午前中、大雨となり、川は増水、氾濫し、12時頃には山が崩れた。田畑は一面の泥海と化し、濁流により材木、馬、家屋が流れた... 続きを読む

明治31年の洪水

明治31年(1898)8月25日、吉野川大洪水、堤防損亡多し。(「高川原村史」による) 続きを読む

明治18年6月の洪水

明治18年(1885)6月17日、吉野川に洪水があり、赤痢が流行。(「高川原村史」による) 続きを読む