明治33年8月の洪水

災害年月日
1900年08月24日
市町村
徳島県石井町
災害種類
風水害  
概要
明治33年(1900)8月24日、吉野川洪水で西覚円の渡場不通。(「徳島日々新聞」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
石井町史編纂会編「石井町史 下巻」(石井町、1991年)、326頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 吉野川 西覚円 徳島日々新聞
NO.
徳島1869

よく似た災害

明治43年9月の洪水

明治43年(1910)9月8日、台風による飯尾川氾濫。一部浸水農作物被害。(「徳島日々新聞」による) 続きを読む

明治35年の洪水

明治35年(1902)9月7日、台風により各河川洪水のため、鍛治塚堤越水。(「徳島日々新聞」による) 続きを読む

明治33年9月の洪水

明治33年(1900)9月28日、台風通過のため、午前8時20分高瀬渡船場1丈1尺5寸、飯尾川1丈漸次減水、浸水家屋50戸、堤防異状なし。(「徳島日々... 続きを読む

明治30年の洪水

明治30年(1897)9月29日、大風雨、洪水、高畑村の鍛治塚堤決潰(60間)、堤外にある民家十数町も押し流された。(「徳島日々新聞」による) 続きを読む

明治26年の台風

明治26年(1893)10月13日、台風のため風水害、高畠村鍛治塚堤30余間が決潰。(徳島日々新聞」による) 続きを読む