昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県石井町
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海道大地震被害。家屋全壊22戸(石井4、浦庄2、高原8、藍畑1、高川原7)、死亡5人(石井3、浦庄1、高原1)。(「藍畑村役場報告書」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
石井町史編纂会編「石井町史 下巻」(石井町、1991年)、327頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
南海地震 死者 藍畑村
NO.
徳島1891

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道大地震。(「肱川村役場日誌」による) 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海道地震が起き、四国一帯は震度5の強震だった。脇町警察所管内では死者10人、負傷者4人、家屋全壊2... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道大地震。震度4、死者27人、負傷者28人、家屋全壊1,133戸。(「愛媛県地域防災計画」による) 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月14日、台風10号による被害。死者1名、住家9棟、床上浸水7棟、床下浸水250棟、非住家全壊3棟、道路7箇所決壊、冠水田50... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、南海道地震に伴う津波により、牟岐町の被害は住家の流失109戸、倒壊165戸、死者52人、重傷9人、船舶の流失91隻... 続きを読む