明治19年の台風

災害年月日
1886年09月10日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)9月10日午後からの暴風雨で、本町・島口地域では床上1mも浸水する家屋が続出、猪尻村、拝原村で各1戸、北庄村で2戸、曽江山村で8戸の民家が倒壊した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 下巻」(脇町、2005年)、672頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 本町 島口
NO.
徳島1946

よく似た災害

明治18年の洪水

明治18年(1885)6月29日から降り出した雨は豪雨となり、30日には吉野川が氾濫、脇町の新馬場から西の助松あたりまでの民家3戸が軒下まで浸水、家族... 続きを読む

明治31年の台風

明治31年(1898)、大風により、大木が無数に倒れ、所々で家が倒壊した。 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月26日、暴風雨により、流家79戸、倒家20戸、人畜に被害なし。この時、西福寺が倒壊し、三庄村西ノ庄鍛治屋敷に移転した。 続きを読む

昭和2年3月の強風

昭和2年(1927)3月10日~11日、強風により、高松市で家屋が倒壊し、丸亀市で電柱が倒壊した。10日15時頃から風が強まり、21時には最大風速22... 続きを読む

明治24年の台風

明治24年(1891)8月16日午前11時頃から東風が激しくなり、午後6時に暴風雨になる。翌日4時頃には風雨とも収まった。この暴風雨で、栗林村では家屋... 続きを読む