昭和28年の小島橋の流失

災害年月日
1953年07月17日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
風水害  
概要
昭和28年(1953)7月17日から21日ころまで梅雨前線が停滞し、吉野川上流でもかなりの雨となった。このため、吉野川が増水し、完成したばかりの小島橋が開通式を待たずに流失した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 下巻」(脇町、2005年)、675-676頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
梅雨前線 吉野川 小島橋流出
NO.
徳島1955

よく似た災害

正保元年の井関池の決壊

image

正保元年(1644)8月、井関池が決壊した。井関池はこの年2月に完成したばかりであった。 続きを読む

昭和18年の水害

昭和18年(1943)6月14日、雨量は少なかったが、吉野川が増水して樋門から逆流した水が低地部に浸水した。桑園も水稲も中間期のため、被害は少なかった... 続きを読む

昭和9年9月の水害

昭和9年(1934)9月、降雨のため、吉野川が増水し、山城谷で20尺、池田で13尺に達し、各所の渡船はいずれも不通となった。(「徳島毎日新聞」による)... 続きを読む

昭和13年7月の台風

昭和13年(1938)7月4日、暴風雨により勝浦川が増水した。たばこの葉の被害が大であった。(長田八百三氏日記、横瀬町史等による) 続きを読む

天保11年の豪雨

天保11年(1840)5月10日、豪雨により野根の別役川流域の五代が崩壊し、野根山街道が決壊した。この時、完成したばかりの長峰用水も損壊した。なお、野... 続きを読む