昭和36年の第二室戸台風

災害年月日
1961年09月14日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
風水害  
概要
昭和36年(1961)9月14日から16日正午頃まで、第二室戸台風のために雨が降り続いた。冬畑では鉄砲水により2戸が倒壊、7橋が破損、大谷川の北橋が流失、4箇所で堤防が危険となり、地元の人たちはヤナギを切り倒して切り伏せをして破堤を防いだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 下巻」(脇町、2005年)、676-677頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
第二室戸台風 吉野川 鉄砲水
NO.
徳島1957

よく似た災害

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風により園瀬川の堤防が決壊して、ジェーン台風の時と同じだけの水が来た。論田でも勝浦川の堤防が決壊して、産業... 続きを読む

昭和25年の集中豪雨

昭和25年(1950)8月6日午後1時頃から豪雨となり、わずか3時間ほどの間に谷川の水は増水し、貯水池の堤防が危険になり、警防団が非常招集された。川島... 続きを読む

大正9年の洪水

大正9年(1920)8月15日、大雨により財田川が増水し、午後6時半に江藤橋が危険となり切り離した。(村役場の日誌による) 続きを読む

元和6年の洪水

元和6年(1620)8月、大洪水の時、藩の奉行は石手川の北岸が危険と見て、川南の樽味村得能寺付近の堤防を切ったため、小坂、中村、橘村、朝生田、市坪等に... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

image

昭和36年(1961)9月15日より16日にかけて、第二室戸台風は480ミリを越える雨量をもたらした。九頭宇谷川の翫城地橋地点では水位が2.4mと警戒... 続きを読む