昭和26年の大雪

災害年月日
1951年02月14日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
雪害  
概要
昭和26年(1951)2月14日、東シナ海低気圧の通過による太平洋岸の大雪で、本県では14日午前9時頃から午後10時頃まで降り続いた。脇町近辺では30cm積もり、交通、通信に被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 下巻」(脇町、2005年)、686頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
徳島1974

よく似た災害

昭和6年の大雪

昭和6年(1931)2月9日午後2時頃から雪が降り出し、翌10日午前7時まで降り続いた。降雪量は、阿讃山岳部で30~47cm、平地で23cmで、明治4... 続きを読む

昭和38年の大雪

昭和38年(1963)1月21日午後8時頃から降り出した大雪は、翌23日午後1時頃まで降り続いた。山地では40~50cm、平地では20cm程積もった。... 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月10日11時頃から降り出した雪は、翌11日午後6時頃まで降り続き、安原村で約40cm、塩江から南では60cm以上に達した。当... 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月10日11時頃から降り出した雪は、翌11日午後6時頃まで降り続き、安原村で約40cm、塩江から南では60cm以上に達した。当... 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月10日午前11時から降り出した雪は、翌日午後6時半頃まで31時間以上にわたって降り続いた。琴平の積雪は30cm。 続きを読む