昭和13年の台風

災害年月日
1938年09月05日
市町村
徳島県阿南市(那賀川町)
災害種類
風水害  
概要
昭和13年(1938)9月5日、台風が牟岐に上陸し、徳島市の西を通って鳴門市の北灘に抜けた。横瀬(勝浦町)では394ミリの降雨を記録した。那賀川町では海岸堤防の決壊が報じられた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
那賀川町史編さん委員会編「那賀川町史 上巻」(那賀川町、2002年)、879頁及び882頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 海岸堤防決壊
NO.
徳島1990

よく似た災害

平成16年の台風6号

平成16年(2004)6月21日、台風6号が室戸市付近に上陸し、徳島県、淡路島付近を通過し、明石市付近に再上陸した。那賀川では、総雨量が中・上流域で3... 続きを読む

昭和29年の台風

昭和29年(1954)8月18日、雨台風により、魚梁瀬では347ミリの降雨量を記録し、奈半利川は大増水した。 続きを読む

昭和42年の台風7号

昭和42年(1967)7月10日、台風7号が梅雨前線を刺激したため、四国各地に局地的な豪雨をもたらした。那賀川上流では9日6時ころから本格的に降り始め... 続きを読む

大正元年9月の台風

大正元年(1912)9月22日、台風により、田野では432ミリの降雨量を記録した。奈半利町では倒壊家屋約20戸、死者10数人を出し、多気坂本神社の大杉... 続きを読む

昭和40年9月の大雨

昭和40年(1965)9月13日~17日の大雨は、17日夜志摩半島に上陸した台風24号が前線を刺激して長時間にわたり強い雨を降らせた。木頭では1,34... 続きを読む