大正3年の火災

災害年月日
1914年08月18日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
火災  
概要
大正3年(1914)8月18日午後1時半頃、岩倉山字一の奥の山林から出火、佐尾原まで延焼、松林など50町歩を焼いて19日夕方鎮火した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 下巻」(脇町、2005年)、694頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 岩倉山 佐尾原
NO.
徳島1992

よく似た災害

昭和58年の火災

昭和58年(1983)10月28日午前10時半頃、北星の山林から出火、通称西ノ谷の小星山の雑木林など約4haを焼き、夕方鎮火した。 続きを読む

昭和59年4月14日の山火事

昭和59年(1984)4月12日午後、半田町で燃え始めた山火事は13日正午頃一旦鎮火したが、14日未明に再び燃えだし、雑木林など7haを焼いて14日夕... 続きを読む

昭和59年4月14日の山火事

昭和59年(1984)4月12日午後、半田町で燃え始めた山火事は13日正午頃一旦鎮火したが、14日未明に再び燃えだし、雑木林など7haを焼いて14日夕... 続きを読む

昭和35年の火災

昭和35年(1960)2月14日午前11時半頃、梨子木の山林から出火、松林など30haを焼き、午後6時頃鎮火した。 続きを読む

元禄元年の火災

元禄元年(1688)正月26日夜、大工町から出火し、西船場まで延焼し、翌朝鎮火した。家数261軒が焼失した。(「阿淡年表秘録」による) 続きを読む