昭和51年の台風

災害年月日
1976年09月08日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
風水害  
概要
昭和51年(1976)9月8日~13日、台風が九州西方海上から日本海に進んだ。台風自体の影響はさほどでなかったが、四国沖に停滞していた前線による雨と、太平洋高気圧の縁辺流がつくった強雨帯による雨によって記録的な雨量になり、大被害を起こした。那賀川上流の木頭村日早では8日~13日の雨量が2,781ミリ、11日の日降水量は1,114ミリであった。また、穴吹町古宮では地崩れにより、多くの家屋が崩壊した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 上巻」(脇町、1999年)、187頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨 日早 古宮 土砂崩れ
NO.
徳島2017

よく似た災害

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月、台風17号により、木頭村日早で連続降雨量2,576ミリの豪雨となり、山地は至る所で崩壊し、那賀川が増水し、沿川の民家が危険... 続きを読む

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月11日、台風17号により、那賀川上流では未曾有の大豪雨となり、木頭村日早では連続降雨量2,576ミリを記録した。山は至る所で... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日~13日、台風17号による連続的な降雨のため、木頭村日早の総降雨量は2,781ミリ、11日の日降雨量は1,114ミリを記... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日から13日まで、那賀川流域では台風17号による雨が降り続いた。特に上流部の木頭村や木沢村で集中的な大雨となり、木頭村の日... 続きを読む

昭和15年9月の台風

昭和15年(1940)9月11日早朝、台風が九州に上陸し、中国を横断して伊豆沖に出る異常経路をとった。徳島県では10日早朝から降雨が始まり、11日まで... 続きを読む