文政12年の大火

災害年月日
1830年01月24日
市町村
徳島県美馬市(脇町)
災害種類
火災  
概要
文政12年(1829)12月晦日昼九ツ時(正午頃)に出火、火は強風にあおられて燃え広がり、北町から中町一帯を焼き尽くす大火となった。この火災により、焼失家屋169軒の大被害が出た。大火の後、組頭庄屋らが藩に対して「御拝借銀」(復興資金の貸付)の給付を求める嘆願をした。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
脇町史編集委員会編「脇町史 上巻」(脇町、1999年)、980頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 御拝借銀
NO.
徳島2021

よく似た災害

慶応2年の寅年の大水

慶応2年(1866)8月5日、大水のため東中富で破堤した。(今旧組頭庄屋山田家の文書による) 続きを読む

昭和25年2月の大火

昭和25年(1950)2月19日(旧正月3日)、奈半利町東浜で大火、111戸焼失。原因は残り火の不始末であった。(高知新聞による) 続きを読む

弘化3年の大火

弘化3年(1846)9月12日夜、上組で大火があり、17軒のほとんどを焼失した。この時、藩主宗孝は的場まで出場し、みずから消防の指揮をとったという。 続きを読む

文政5年の大火

文政5年(1822)2月21日午刻。中村民家より出火、牟岐浦に移り325戸焼失、未下刻、中村下ノ町花やにて鎮火。この時、昌寿寺も焼失した。この火災をサ... 続きを読む

昭和9年の大火

昭和9年(1934)7月8日正午、池田町大通3丁目から出火、干天続きで家屋は乾燥し切っている上、上水道は枯渇し断水していたため、火の手は西北の風にあお... 続きを読む