享保19年の洪水

災害年月日
1734年00月00日
市町村
徳島県つるぎ町(半田町)
災害種類
風水害  
概要
享保19年(1734)、中島に水入り、殊の外大荒れ。(「兵助日記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
半田町誌出版委員会編「半田町誌 上巻」(半田町、1985年)、1062頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 兵助日記
NO.
徳島2068

よく似た災害

天保10年の洪水

天保10年(1839)8月、古今稀成大水、岩倉山之内別所殊の外大風。(「兵助日記」による) 続きを読む

天保11年の干ばつ

天保11年(1840)2月、昨年寒中より殊の外大干にて、井戸の水所々なし。(「兵助日記」による) 続きを読む

天明2年の台風

天明2年(1782)5月5月、暴風雨により徳島地方殊の外大水。阿波国19万石余損亡。(「兵助日記」による) 続きを読む

天明2年の洪水

天明2年(1782)5月、風雨いたし大水、徳嶋殊の外水之由。(「兵助日記」による) 続きを読む

天明5年の風雨

天明5年(1785)7月8日~13日、中部一帯氷降り、続いて大風雨大出水により下島中須賀に高水入り、芋、高きび残らず流失。あと大荒れ川成り大いたみなり... 続きを読む