文化12年の洪水

災害年月日
1815年08月11日
市町村
徳島県つるぎ町(半田町)
災害種類
風水害  
概要
文化12年(1815)7月7日、谷水大水、治五郎橋の永代橋流失。阿波国、55,939石減収。(「兵助日記」、「徳島県史」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
半田町誌出版委員会編「半田町誌 上巻」(半田町、1985年)、1063頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 治五郎橋 兵助日記
NO.
徳島2095

よく似た災害

天保6年7月21日の洪水

天保6年(1835)7月21日朝5ツ時より雨降り出し、4ツまで洪水。阿波国、130,818石減収。(「兵助日記」、「徳島県史」による) 続きを読む

文化9年の洪水

文化9年(1812)9月、風雨、洪水により、67,600石減収。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等による... 続きを読む

文化12年の洪水

文化12年(1815)7月6日、風雨三日間続き、洪水により、死者2人、水死馬2頭、55,939石減収。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年... 続きを読む

文政3年の洪水

文政3年(1820)6月30日、大洪水により阿波国87,030石減収。(「兵助日記」による) 続きを読む

文化13年の洪水

文化13年(1816)8月3日、風雨、洪水により、死者男9人、163,212石減収。板野郡沿岸地帯は高潮により稲の大半が立ち枯れとなった。(「徳島県災... 続きを読む