明治6年8月の洪水

災害年月日
1873年08月12日
市町村
徳島県つるぎ町(半田町)
災害種類
風水害  
概要
明治6年(1873)8月12日朝辰巳の刻、中須賀の田地より1丈高く入る。前代未聞の大水なり、県下の川筋流家多し。(「堺屋記録」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
半田町誌出版委員会編「半田町誌 上巻」(半田町、1985年)、1066頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 中須賀 堺屋記録
NO.
徳島2162

よく似た災害

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)7月1日、前代未聞の大水、中須賀残らず入る。(「堺屋記録」による) 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)7月3日、4日、前代未聞の洪水あり、損害あげて数うべからず。(「郡鑑」による)/前代未聞の大風雨被害。(「宇和島吉田両藩誌」による... 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)、大風雨、洪水。前代未聞の大水で、一般に阿房水と呼ばれた。 続きを読む

宝暦元年の洪水

宝暦元年(1751)6月18日、物部川は前代未聞の大出水。 続きを読む

寛文6年の台風

寛文6年(1666)7月4日、前代未聞の大風被害。(「宇和島藩記録」等による) 続きを読む