大正7年8月の洪水

災害年月日
1918年08月29日
市町村
徳島県つるぎ町(半田町)
災害種類
風水害  
概要
大正7年(1918)8月29日、大水により鹿老渡橋流失する。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
半田町誌出版委員会編「半田町誌 上巻」(半田町、1985年)、1068頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 鹿老渡橋
NO.
徳島2214

よく似た災害

大正4年の洪水

大正4年(1915)、大洪水により、小見橋流失。(新聞記事による) 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日~22日、豪雨、大水により、中津、吹で人家流失10軒、崩壊のため下影、野住、西ノ浦、馬越で半壊家屋9軒、道路大破損、12... 続きを読む

大正12年の洪水

大正12年(1923)7月11日、大雨により中南予で死者10人、家屋流失127戸。重信川出水で、斉院之瀬橋流失、被害激甚。 続きを読む

大正3年・4年の洪水

大正3年(1914)、4年(1915)秋、大洪水で小見橋流失。 続きを読む

大正7年9月の洪水

大正7年(1918)9月14日、大水により、露口谷で1人溺死、井内谷に流出し、死骸は遂に見当たらなかった。 続きを読む