天保10年の洪水

災害年月日
1839年00月00日
市町村
徳島県美馬市(穴吹町)
災害種類
風水害  
概要
天保10年(1839)、連日の大雨による大洪水で、土佐の御用木桧材749本が吉野川に流出し、舞中島は大きな被害を受けた。この水害でなくなった人を供養するため、舞中島光泉寺の境内及び穴吹橋から200m程上流右岸に地蔵像が建立された(国道192号をつくるために国道と旧道の分岐点に移転)。(「三好郡誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
穴吹町誌編さん委員会編「穴吹町誌」(穴吹町、1987年)、601頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水 吉野川流材 舞中島 死者
NO.
徳島2304

よく似た災害

天保10年の洪水

image

天保10年(1839)、大洪水により、土佐の御用木ヒノキ749本が吉野川へ流出し、舞中島も大きな被害を受けた。その折の死亡者を供養するため、光泉寺の境... 続きを読む

天正10年の洪水

天正10年(1582)、洪水により、吉野川南岸の穴吹町三島地区と陸続きであった舞中島は、川中島になったと言われている。(宮崎淳) 続きを読む

元禄14年の洪水

元禄14年(1701)7月28日、大洪水により、穴吹町舞中島で全戸流失。 続きを読む

天正10年の洪水

天正10年(1582)、洪水のために、かつては南の三谷地区と陸続きであった舞中島は、吉野川の支流・明連川により川中島となった。 続きを読む

元禄14年7月の洪水

元禄14年(1701)7月10日より大雨が3昼夜に及び、吉野川筋大洪水、特に穴吹附近被害甚大、舞中島全戸流失。(「名東郡史」、「高原村史」による) 続きを読む