昭和38年の長雨

災害年月日
1963年04月00日
市町村
徳島県つるぎ町(貞光町)
災害種類
風水害  その他(長雨)  その他(霧)  
概要
昭和38年(1963)4月から連日の雨や霧により、麦作では穂腐りと赤かび病が大発生し、さらに5月中旬からは豪雨に見舞われた。前年12月から3月にかけての大雪や寒さを相まって、この年の麦作は平年収穫量の10%という未曾有の大被害を被った。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
貞光町史編集委員会編「貞光町史」(貞光町、1965年)、1109頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 霧 豪雨
NO.
徳島2323

よく似た災害

享保10年の長雨

享保10年(1725)3月から4月にかけて、長雨続き、麦作被害。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)3月から5月にかけて70日にわたって長雨が続き、麦の収穫が皆無となり、菜種も大被害をこうむった。 続きを読む

安永7年の長雨

安永7年(1778)6月から7月にかけて長雨。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)5月から6月にかけて長雨が続き、県下の農水産物の被害55億円、このうち麦の被害28億円。天災融資法が適用される。 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月から6月にかけて長雨が続き、西村の農作物に大きな被害が出た。 続きを読む