天保7年の大雨

災害年月日
1836年00月00日
市町村
徳島県つるぎ町(貞光町)
災害種類
風水害  
概要
天保7年(1836)夏から秋にかけて大雨が降り続いて、穀物が実らず、本町でも食料に窮し餓死者を出した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
貞光町史編集委員会編「貞光町史」(貞光町、1965年)、1113頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 死者
NO.
徳島2332

よく似た災害

天保7年の大雨

天保7年(1836)夏秋続いて大雨のため、稲が実らず、大凶作となって餓死者が続出した。 続きを読む

天保7年・8年の大雨

天保7年(1836)及び8年(1837)の夏から秋にかけて大雨が続き、全国を通じて四分二厘と称する稀有の大凶作となった。米麦その他の食料品は欠乏し、貧... 続きを読む

寛永20年の干ばつ

寛永20年(1643)4月下旬から6月下旬まで雨が降らず、五穀が実らないため、秋から冬にかけて餓死者を多く出した。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」など... 続きを読む

寛永20年の長雨

寛永20年(1643)、雨が多く、作物が実らず、飢饉になった。(災害年表) 続きを読む

天明3年の大雨

天明3年(1783)、大雨、大洪水により、五穀が実らず大飢饉となった。この飢饉時でも、目黒村では年貢の免除や延期は行われず、藩から銀七貫五百目を借入れ... 続きを読む