大正元年の洪水

災害年月日
1912年09月23日
市町村
徳島県美馬市(美馬町)
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月23日、前日からの台風により吉野川は大洪水となり、阿讃山脈は大荒れとなった。野村谷川、鍋倉谷川、中野谷川、高瀬谷川などでは、大量の出水による堤防の決壊、道路の決壊、耕地・宅地の埋没、家屋の埋没など大きな被害をもたらした。特に郡里玉振神社横の小谷からの大量の砂礫の放出による被害は大きかった。この時の雨量は、脇町で2日間で382ミリと言われている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
美馬町史編集委員会編「美馬町史」(美馬町、1989年)、681頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 野村谷川 鍋倉谷川 堤防決壊 郡里玉振神社
NO.
徳島2345

よく似た災害

大正7年の洪水

大正7年(1918)7月、8月の2回の大雨によって、吉野川など各河川は大洪水となり、大きな被害を受けた。吉田谷川では県道取合の堤防21間が決壊し、家屋... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日朝から雨が降り、風も加わり、夜半前には雨が特に激しかった。山地からの水は谷川に溢れ、河川は氾濫して至る所で危険になったの... 続きを読む

大正15年の豪雨

大正15年(1926)7月7日、低気圧による豪雨、洪水のため、被害が生じた。被害は、田の流失・埋没25町、浸水125町、畑の流失・埋没2町、浸水8町、... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月20日から22日にかけて300ミリ以上の豪雨があった。津田川の堤防は各所で破壊され、濁流は両岸より町中へ流れ込んだ。人畜の被害... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日夜、台風が土佐室戸付近に上陸、徳島県東部を通過、淡路より近畿西部に入った。佐馬地村では21日午後3時頃から23日午前5時... 続きを読む