明治18年の洪水

災害年月日
1885年06月00日
市町村
徳島県吉野川市(山川町)
災害種類
風水害  
概要
明治18年(1885)6月、吉野川洪水により、さぎの首(山崎と学との境)が切れた。(蔵本竜平氏談による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
山川町史刊行会編「山川町史」(山川町史刊行会、1959年)、377-378頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 吉野川 さぎの首 堤防決壊
NO.
徳島2509

よく似た災害

明治5年の洪水

明治5年(1872)10月1日午頃から降り出し、吉野川は2日夜半大水となり、北島堤防が切れた。死者100人余。明治7年2月より堤防普請して、旧土手より... 続きを読む

宝永4年8月の洪水

宝永4年(1707)8月19日、吉野川洪水により、舟戸の堤防が切れた。(「山川町史」、「徳島年鑑」、「丹兵衛日記」、「住友家記録」、「徳島県史」、「吉... 続きを読む

明治31年の洪水

明治31年(1898)8月、吉野川大洪水。(「吉野川事典」、「馬路川洪患志」、「辻風土記」、「三好郡志」等による)(吉野川の災害史年表) 続きを読む

明治6年の洪水

明治6年(1873)10月2日、吉野川大水により、北島の堤防が切れ、死者100人余。(「山川町史」、「徳島年鑑」、「丹兵衛日記」、「住友家記録」、「徳... 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月7日、吉野川洪水により、北島・西川田舟戸間の堤防が切れ、溺死者数十人に及んだ。「寅年のあほう水」と呼ばれた。(「川田町史」によ... 続きを読む