明治40年~大正元年の洪水

災害年月日
1907年00月00日
市町村
徳島県東みよし町(三好町)
災害種類
風水害  
概要
明治40年(1907)から大正元年(1912)まで、毎年秋に大洪水のため、田畑冠水、谷筋の田畑流失。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三好町誌編集委員会編「三好町誌」(三好町誌編集委員会、1959年)、98頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水
NO.
徳島2522

よく似た災害

大正元年9月の洪水

大正元年(1912)9月22日、前代未聞の風雨、大洪水のため、加茂谷筋その他で大被害あり。(「大西夘平日誌」による) 続きを読む

明治25年の台風

明治25年(1892)7月23日、田野々では連日の豪雨のため旭川が氾濫し、葛又山(こずまたやま)の大崩壊のため葛又地区は全滅した。また、瀬津では川の水... 続きを読む

大正15年の台風

大正15年(1926)9月14日、台風による洪水のため、佐岡地区の橋梁はすべて流失、谷川沿いの田畑、堤防、用水路の決壊・流失多数あり。 続きを読む

明治25年の台風

明治25年(1892)7月23日、田野々では連日の豪雨のため旭川が氾濫し、葛又山(こずまたやま)の大崩壊のため葛又地区は全滅した。また、瀬津では川の水... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)9月25日、暴風雨による洪水・高潮のため、死者167人、損壊家屋1,784戸、田畑流失多数。(重信川の主な水の歴史による) 続きを読む