昭和20年の枕崎台風

災害年月日
1945年00月00日
市町村
徳島県東みよし町(三好町)
災害種類
風水害  
概要
昭和20年(1945)、枕崎台風に伴う大洪水は、辻渡し行きの県道を大きく越え、無数の流木が北佐古下に押し寄せた。天神の県道が喜来谷の水で谷川のように荒らされ、金屋谷が砂礫谷を押し出し、伊月谷が田畑を埋めたが、これらは戦時中に乱伐、松根堀りのため、山が荒らされた結果である。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三好町誌編集委員会編「三好町誌」(三好町誌編集委員会、1959年)、99頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
枕崎台風 洪水
NO.
徳島2528

よく似た災害

昭和13年9月の台風

昭和13年(1938)9月、暴風雨により河川が増水し、土砂が田畑を埋めた。(「勝浦町前史」、「勝浦町後史」による) 続きを読む

天保5年の洪水

天保5年(1834)8月6日、大洪水により田畑、作物は荒らされた。 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

image

昭和20年(1945)9月17日、台風により、山林の大木が倒れ、家屋は倒伏、浸水し、交通・通信は途絶し、田畑の被害も甚だしかった。特に四万十川沿岸一帯... 続きを読む

昭和13年8月の台風

昭和13年(1938)8月1日、暴風雨により勝浦川が増水し、堤防下1尺に迫った。各河川が増水し、土砂が田畑を埋めた。(長田八百三氏日記、横瀬町史等によ... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日~18日、枕崎台風により、多くの屋根瓦が吹き飛ばされ、壁土が落ちた。広見川、三間川は氾濫し、田畑に多くの被害が出た。広... 続きを読む