昭和29年の台風

災害年月日
1954年00月00日
市町村
徳島県東みよし町(三好町)
災害種類
風水害  
概要
昭和29年(1954)の台風は、足代小学校の旧校舎を倒し、美濃田、山口等の家屋を倒し、屋根をとばし、山林の大木を倒し、鷲羽神社の大木をなぎ倒し、中村の石の地蔵を吹倒した。増川、東山、足代の山林は莫大な損害を被った。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三好町誌編集委員会編「三好町誌」(三好町誌編集委員会、1959年)、100頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 足代小学校 鷲羽神社
NO.
徳島2529

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月14日未明、室戸台風は室戸岬に上陸し、猛威をふるった。多くの樹木をなぎ倒し、家屋、煙突を吹き飛ばした。 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月14日未明、室戸台風は室戸岬に上陸し、猛威をふるった。多くの樹木をなぎ倒し、家屋、煙突を吹き飛ばした。 続きを読む

文化14年の台風

文化14年(1817)9月9日、大暴風雨が室津辺の家や大木を倒し、船を山上に吹き上げた。 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日、5日、地震が起こり、津波が襲来した。この本には、徳島県内の安政地震・津波に関する石碑等として、松茂町中喜来・春日神社の... 続きを読む

大正3年の台風

大正3年(1914)9月14日、台風により、金峯神社の大木24株倒れる。 続きを読む