安政4年の台風

災害年月日
1857年00月00日
市町村
徳島県東みよし町(三好町)
災害種類
風水害  
概要
安政4年(1857)、大暴風雨により、教法寺のセンダンの大木、本堂、鐘堂が吹き倒された。また、八朔の大水により、足代妙見の往還に吉野川の水が2尺も乗り、大被害を受けた。(「三好町誌」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三好町史編集委員会編「三好町史 歴史編」(三好町、1997年)、469頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 教法寺 八朔の大水 吉野川 足代妙見
NO.
徳島2536

よく似た災害

安政4年8月の大水

安政4年(1857)8月朔日朝5ツ時まで、大雨と風が強く、吉野川は50年来の大水と言われた。足代村の名見(妙見)の往還には水が2尺程乗った。(教法寺の... 続きを読む

昭和12年の台風

昭和12年(1937)9月11日、台風、交通途絶、三好橋の水位35尺(10.6m)、池田22尺(6.7m)。(「吉野川事典」、「馬路川洪患志」、「辻風... 続きを読む

安政4年の八朔水

安政4年(1857)7月29日、八朔水。当処様より御助銀201貫730目下さる。(「吉野川事典」、「馬路川洪患志」、「辻風土記」、「三好郡志」等による... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風により、吉野川増水、三好橋の水位50尺(15m)、交通途絶。洪水流量10,000立米/秒と推定される。(「吉野... 続きを読む

昭和10年の豪雨

昭和10年(1935)9月24日、豪雨、三好橋の水位50尺(15m)。(「吉野川事典」、「馬路川洪患志」、「辻風土記」、「三好郡志」等による)(吉野川... 続きを読む