明治40年の洪水

災害年月日
1907年09月04日
市町村
徳島県東みよし町(三好町)
災害種類
風水害  
概要
明治40年(1907)9月4日より大雨降りしきり、5日午後10時頃より出水し始め、6日午前2時頃止み、最高17尺余りの増水となった。池田繋船場の小船9隻、漁船7隻の計16隻は急激な水に押し流され、美馬郡三島村までにいずれも発見されたが、荷物、船具は流失した。水量はさらに増し、7日午後6時に最高28尺余に達した。交通は途絶し、三野、加茂、井川、昼間各地の家屋・田畑の浸水は免れることができなかった。(新聞記事による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三好町史編集委員会編「三好町史 歴史編」(三好町、1997年)、751頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水
NO.
徳島2555

よく似た災害

明治44年の洪水

明治44年(1911)9月午前3時頃出水が始まり、午後5時に最高水位に達した。最高水位は水量標がないため明瞭ではない。22日午後2時頃には、東中富の鑓... 続きを読む

明治28年の洪水

明治28年(1895)9月8日午前8時頃より吉野川及び別宮川の水嵩が増し、午後1時頃からは急に増水し、別宮川の無堤箇所から入水し畑地全体の6歩半が浸水... 続きを読む

明治17年の洪水

明治17年(1884)8月26日、台風により平島堤決潰。高原西小学校流失。家屋流失数十戸。(「高原村史」による)また、「西覚円外一村会議事録」には、2... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日午後4時頃から南東の強風が起こり、9時には風向が東方に転じて暴風雨となった。夜11時に最も激しく、翌11日午前2時に風... 続きを読む

明治30年の洪水

明治30年(1897)9月26日より連日降雨となり、28日、29日は一層降雨が強くなったが、29日午後11時になって止んだ。吉野川では本支流とも29日... 続きを読む