大正7年の台風

災害年月日
1918年09月14日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
大正7年(1918)9月14日、暴風雨、大水、溺死者多(徳島県の災害)し。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
西祖谷山村史編纂委員会編「西祖谷山村史」(西祖谷山村、1985年)、543頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者
NO.
徳島2589

よく似た災害

大正3年の干ばつ

大正3年(1914)8月、大干ばつ(徳島県の災害)。 続きを読む

昭和50年の台風5号・6号

昭和50年(1975)、台風5号・6号で県下死者多数、各町村被害甚大(徳島県の災害)。 続きを読む

大正8年の台風

大正8年(1919)5月3日、暴風雨により、漁船多数遭難、死者40人余。(香川県の災害記録) 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)8月3日~4日、14日~15日、20日~21日、3回の台風により、徳島県南部で災害。(「徳島県災異誌」、「徳島県警察史」による) 続きを読む

大正10年の台風

大正10年(1921)6月17日、暴風雨により、被害甚大。(香川県の災害記録) 続きを読む