昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、昭和南海地震。四国、紀伊半島で大被害。愛媛で27人の死者。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島経済同友会・香川経済同友会・愛媛経済同友会・土佐経済同友会ほか編「南海地震に係る調査報告書」(徳島経済同友会・香川経済同友会・愛媛経済同友会・土佐経済同友会ほか、2009年)、13頁
情報源の種類
その他文献
キーワード
昭和南海地震 死者
NO.
愛媛449

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、昭和南海地震。四国、紀伊半島で大被害。香川52人の死者。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、昭和南海地震。四国、紀伊半島で大被害。徳島県211人の死者。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、昭和南海地震。四国、紀伊半島で大被害。高知679人の死者。室戸岬1.27m、足摺岬0.6m、潮岬0.7m隆起。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、昭和南海地震。四国、紀伊半島で大被害。高知679人の死者。室戸岬1.27m、足摺岬0.6m、潮岬0.7m隆起。 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日、安政南海地震。四国、紀伊半島、大阪湾で大被害。徳島で100余人の死者。 続きを読む