天保13年の洪水

災害年月日
1842年00月00日
市町村
徳島県那賀町(木頭村)
災害種類
風水害  
概要
天保13年(1842)、洪水により、木頭村出原旧道筋の瑞伝寺の石段まで増水した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
相生町史編纂委員会編「相生町誌」(相生町、1973年)、1565頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 出原 瑞伝寺
NO.
徳島2844

よく似た災害

天保13年の洪水

天保13年(1842)、大水出原のすがず婆流される。旧道筋端伝寺の石段まで水。(「木頭村誌」による) 続きを読む

天保13年の洪水

天保13年(1842)、大水出原のすがず婆流される。旧道筋端伝寺の石段まで水。(「木頭村誌」による) 続きを読む

天保13年の洪水

天保13年(1842)、大水出原のすがず婆流される。旧道筋端伝寺の石段まで水。(「木頭村誌」による) 続きを読む

天保13年の洪水

天保13年(1842)、大水出原のすがず婆流される。旧道筋端伝寺の石段まで水。(「木頭村誌」による)(那賀川における災害年表) 続きを読む

天保13年の洪水

天保13年(1842)、大水出原のすがず婆流される。旧道筋端伝寺の石段まで水。(「木頭村誌」による)(那賀川における災害年表) 続きを読む