大正元年の洪水

災害年月日
1912年09月21日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月21日午後3時頃から降り出した雨は、22日午前6時頃には激しくなり、川々は増水を始めた。23日正午には吉野川の増水24尺2寸となり、慶応2年の寅年の大水よりも3尺以上上回った。堤防上に長さ20間に及ぶ決壊があり、応神村の損害は甚だしく、郡中一の惨状を呈し、田畑の流失・埋没37町、滞水による収穫皆無198町となった。板西分署館内では溺死・圧死9人、家屋の流失73戸、全壊52戸、半壊31戸などであった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
秦春一編「応神村郷土誌」(応神村、1958年)、497頁及び499-500頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 吉野川 堤防決壊 死者
NO.
徳島3043

よく似た災害

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日夜、台風が土佐室戸付近に上陸、徳島県東部を通過、淡路より近畿西部に入った。佐馬地村では21日午後3時頃から23日午前5時... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月22日、断続的な雨が数日間続き、22日夜に重信川、石手川は非常に出水して、23日暁には諸所で決壊し、余土、垣生で惨状を呈した。... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日午後4時頃から23日午前5時頃までの豪雨により、雨量は300ミリに及び、県下至る所で出水、河川の増水、堤防決壊、橋や人家... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日、佐馬地川で大洪水。馬路川洪患志によると、23日午前3時より午前5時頃まで大降雨、前夜から23日朝まで大風のため、田畑、... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月22日朝から大雨が降り出し、風も次第に強くなり、夜にはますます激しくなった。丸亀では清水で土器川の堤防が決壊して、深さ5尺(約... 続きを読む