宝永4年の地震

災害年月日
1707年00月00日
市町村
香川県
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)、地震津波が来襲した。四国の瀬戸内海沿岸の津波高は、香川県で1.8~2m程度、愛媛県で1~2m程度であったと推定される。この論文では、三つの南海地震津波(1707年宝永、1854年安政南海、1946年昭和南海)を取り上げ、文献調査を行い、瀬戸内海沿岸の津波高について考察を行っている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
山本尚明「瀬戸内海の歴史南海地震津波について」(歴史地震研究会編「歴史地震No.19」2003年)、153-160頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
宝永地震 津波 津波高 文献調査
NO.
香川153

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)、地震津波が来襲した。四国の瀬戸内海沿岸の津波高は、香川県で1.8~2m程度、愛媛県で1~2m程度であったと推定される。この論文で... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)、南海地震津波が来襲した。四国の瀬戸内海沿岸の津波高は、香川県で1~1.5m程度、愛媛県で1~2.5m程度であったと推定され、伊予... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)、南海地震津波が来襲した。四国の瀬戸内海沿岸の津波高は、香川県で1~1.5m程度、愛媛県で1~2.5m程度であったと推定され、伊予... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震津波が来襲した。この津波による津波高は、1707年宝永地震津波や1854安政南海地震津波と比べて津波の規模が小さく、四... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震津波が来襲した。この津波による津波高は、1707年宝永地震津波や1854安政南海地震津波と比べて津波の規模が小さく、四... 続きを読む