明治32年8月28日の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
徳島県藍住町
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月28日、暴風雨による出水。午前11時の吉野川の水嵩は1丈1尺、別宮川の水嵩は1丈8尺であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
藍住町史編集委員会編「藍住町史」(藍住町、1965年)、61頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 吉野川 別宮川
NO.
徳島3267

よく似た災害

明治15年の台風

明治15年(1882)8月5日、四国で暴風雨、洪水。(「日本気象資料」による)徳島市で道路上の水嵩8尺であった。(「摘要類函」による) 続きを読む

明治33年8月19日の台風

明治33年(1900)8月19日、暴風雨による被害。水位は吉野川本流で17尺5寸、別宮川で19尺5寸。 続きを読む

明治28年の洪水

明治28年(1895)9月8日午前8時頃より吉野川及び別宮川の水嵩が増し、午後1時頃からは急に増水し、別宮川の無堤箇所から入水し畑地全体の6歩半が浸水... 続きを読む

明治35年8月の洪水

明治35年(1902)8月11日の水位は、吉野川本流で1丈5寸、別宮川で2丈2尺。 続きを読む

明治33年9月の洪水

明治33年(1900)9月28日午後2時の水位は、吉野川本流で12尺8寸、別宮川で18尺5寸。 続きを読む