昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、地震が起こり、津波が襲来した。本書は、南海地震の前兆現象について、高知県内及び徳島県南部における体験者の証言事例を聞き取りして集めたものである。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
中村不二夫著「南海地震は予知できるー地震が残した証拠品ー」(高知新聞企業、2009年)、21-211頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
昭和南海地震 津波 前兆現象 体験談
NO.
高知290

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、地震が起こり、津波が襲来した。本書は、南海地震の前兆現象について、高知県内及び徳島県南部における体験者の証言事例を... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生した。徳島県では県南部の津波被害が甚大であったため、徳島市の被害は注目されてこなかった。この研究では... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)の南海地震(M8.0)により、徳島市では死者2人、全壊家屋23戸の被害を受けたが、詳細な被害様相は記録されておらず、被害のメカニ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、M8.0の南海地震が発生した。当時の徳島市の地震・津波による被害は死者2人、負傷者5人、全壊23戸、... 続きを読む

平成16年の台風21号

平成16年(2004)9月29日、台風21号により、県西部を中心に県全域が豪雨となり、土石流等が発生した。被災写真、豊浜町の体験者の証言が掲載されてい... 続きを読む