宝暦7年の洪水

災害年月日
1757年09月09日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
宝暦7年(1757)7月26日、大風雨、洪水により、92,140石減収。板野郡の全村で水害のため、御蔵、給知とも秋の年貢を免除された。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上板町史編纂委員会編「上板町史 下巻」(上板町、1985年)、631頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 洪水 年貢免除
NO.
徳島3755

よく似た災害

宝永7年の風雨・高潮

宝永7年(1710)7月26日、大風雨と高潮により、海岸地帯の稲作全滅。この年全般的に凶作となり、秋の年貢が免除された。(「徳島県災異誌」、「徳島県史... 続きを読む

宝永7年の台風・高潮

宝永7年(1710)7月26日、大暴風雨による高潮のため、海岸地帯の稲作は全滅となり、他の地域でも大凶作となり、飢饉のためこの年秋の年貢は御免となった... 続きを読む

宝暦6年の洪水

宝暦6年(1756)9月5日、風雨、洪水により、死者男5人、女6人、家屋流失118軒、倒壊417軒、32,007石減収。(「徳島県災異誌」、「徳島県史... 続きを読む

明和2年8月の洪水

明和2年(1765)8月2日、風雨、洪水により、河川氾濫し、農作物に被害大。119,628石余減収。この年の大水を「酉の年の大水」という。(「徳島県災... 続きを読む

安政3年の洪水

安政3年(1856)8月1日、大風雨、洪水により、特に勝浦川沿岸で被害甚大。この年の大水を「八朔水」という。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県... 続きを読む