明治35年の台風

災害年月日
1902年09月07日
市町村
徳島県上板町
災害種類
風水害  
概要
明治35年(1902)9月7日、台風により、剣山南麓で300ミリの降雨あり。上板地方で洪水被害大。恩賜金、義捐金の交付を受けた。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上板町史編纂委員会編「上板町史 下巻」(上板町、1985年)、635頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 恩賜金
NO.
徳島3825

よく似た災害

明治29年8月の台風

明治29年(1896)8月19日、台風により、特に板野郡で被害大。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等によ... 続きを読む

明治16年の風雨

明治16年(1883)9月10日、大風雨により、水稲に被害大。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等による)... 続きを読む

明治32年9月の台風

明治32年(1899)9月8日、台風が和歌山に上陸し、県下に豪雨あり。宮川内谷川の堤防決壊延長1,820m、家屋の全半壊11戸、47人が罹災救助を受け... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日、県全域に暴風雨による災害。愛媛県から多額の籾米の交付を受けた。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による) 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月11日、暴風雨により、吉野川氾濫し、死者6人。七条で宮川内谷川堤防決壊、農地被害大。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島... 続きを読む