昭和26年のルース台風

災害年月日
1951年10月14日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
昭和26年(1951)10月14日、ルース台風(台風15号)により、徳島県下の被害は死者10人、家屋全壊350戸、半壊1,390戸、堤防決壊120箇所、橋の流失52箇所、田畑の冠水4,398haに及んだ。県下では三好郡の山間部で突風による被害が大きかった。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上板町史編纂委員会編「上板町史 下巻」(上板町、1985年)、638頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
ルース台風 死者 堤防決壊 突風
NO.
徳島3854

よく似た災害

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日~15日、ルース台風により、三好郡を中心に被害。 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日~15日、ルース台風(台風15号)により、三好郡の山狭地帯、特に山城谷、祖谷などでは突風があり、住家の倒壊、人の死傷... 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日、ルース台風により、午後10時に佐田岬灯台で最大風速68.9mを観測した。東予の山間部では300~400ミリを超す豪... 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日~15日、ルース台風に伴う突風により、住家の倒壊、人の死傷多し。 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月12日~14日、ルース台風により、県下で死者・行方不明44人、家屋の全半壊6,280戸。中山町でも被害があったと思われる。... 続きを読む