昭和36年の第二室戸台風

災害年月日
1961年09月16日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
昭和36年(1961)9月16日、台風18号(第二室戸台風)の通過に伴い、徳島県での最低気圧は935.2ミリバールで、徳島地方気象台始まって以来の記録であった。県下の被害は死者11人、負傷者253人、家屋の全壊569戸、流失53戸、半壊1,777戸、床上浸水25,313戸に及び、4市21町村に災害救助法が発令された。上板町内では宮川内谷川堤防決壊140m、泉谷川堤防決壊50m、床上浸水100戸、被害総額約5億円の被害が出た。(「徳島県災異誌」、「徳島県史」、「徳島県史料年表」、「吉野川」、「松島町史」等による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上板町史編纂委員会編「上板町史 下巻」(上板町、1985年)、640頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
第二室戸台風 最低気圧 死者 宮川内谷川堤防決壊 泉谷川堤防決壊
NO.
徳島3864

よく似た災害

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風により、死者1人、負傷者71人、住家の全壊107世帯、半壊105世帯、床上浸水176世帯の被害が出た。室... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風により、死者1人、負傷者71人、住家の全壊107世帯、半壊105世帯、床上浸水176世帯の被害が出た。室... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風により宮川内谷川の北岸引野40m堤防決壊。南岸北高瀬地区床上浸水30戸、鍛治屋原20戸、引野20戸。交通... 続きを読む

昭和35年のチリ地震津波

昭和35年(1960)5月24日、チリ地震・津波により、徳島県では橘町(阿南市)が最大の被害を受け、全町の50%が床上浸水し、災害救助法が発令された。... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

image

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風が室戸に上陸し、徳島県東部を通って阪神間に抜けた。本県では記録的な洪水、高潮被害を残した。この台風で、日... 続きを読む