明治43年の山火事

災害年月日
1910年00月00日
市町村
徳島県上板町
災害種類
火災  
概要
明治43年(1910)、泉谷の通称二の倉より出火。損害その他は不詳。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上板町史編纂委員会編「上板町史 下巻」(上板町、1985年)、646頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
山火事 泉谷
NO.
徳島3891

よく似た災害

明治41年の山火事

明治41年(1908)、泉谷の法蓮の段より出火。損害その他は不詳。 続きを読む

大正4年の山火事

大正4年(1915)、泉谷の通称カクレバタより出火。損害その他は不詳。 続きを読む

大正2年の山火事

大正2年(1913)、泉谷の通称ゴンジヤク付近より出火。詳細は不明。 続きを読む

昭和55年の山火事

昭和55年(1980)2月10日正午過ぎ、泉谷の通称浦山より出火し、異常乾燥発令中のことでたちまち四周に燃え広がり、約21.5haを焼失した。地元民、... 続きを読む

昭和7年の山火事

昭和7年(1932)、泉谷三ツ谷より出火し、上り山、法蓮、貞蔵受、多平受、常次受などを延焼した。 続きを読む