明治29年の大雨

災害年月日
1896年09月04日
市町村
徳島県阿波市(土成町)
災害種類
風水害  
概要
明治29年(1896)9月4日に低気圧が日本海を通過した後、前線が四国沖に停滞して大雨となり、4日から11日までの8日間の雨量は760ミリとなった。このため、各河川が増水し、全県下で被害があった。この災害に対して、両陛下より徳島県に1,300円の見舞金が下賜された。御所村では、県知事から8人に小屋掛料及び食料費として、総計39円余が給与された。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土成町史編纂委員会編「土成町史 上巻」(土成町史編纂室、1975年)、397-398頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
低気圧 前線 大雨 見舞金 小屋掛料
NO.
徳島3904

よく似た災害

昭和29年の大火

昭和29年(1954)3月13日午後4時、山田北部集落から出火し、山田、中、下に延焼し、11軒が全半焼した。村から60万円の建築補助金、その他各地から... 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)9月21日、大暴風雨により財田川の決壊多く、小岡集落の北方で100m余り決壊し、土砂は観音寺駅付近に達し被害甚大であった。皇室より... 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)9月21日、大暴風雨により財田川が小岡北方で100mにわたり大決壊、観音寺駅近辺まで土砂を流す。稲作はほとんど稔らず被害甚大のため... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風。加茂川大出水により、家屋の浸水多数。皇室から慰問見舞金が贈られ、各町村役場を経由して被害者に分与。 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)9月3日、前日より降り出した雨により、地蔵川西堤防が大板屋南部で決壊し、住宅5戸が流失した。明治天皇から見舞金が下賜され、大板屋... 続きを読む