昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年09月21日
市町村
徳島県阿波市(土成町)
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)9月21日、台風が室戸岬に上陸後に北東進した。徳島では最低気圧706.8ミリ、15m以上の暴風雨が12時間も続き、最大風速36.7mを記録した。強風のため民家の倒壊も多く、平地、山地を問わず大木の中折れ、倒伏するものが多く、土成村の田畑の損害は、荒地7町6畝、作物収穫皆無畑8町に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土成町史編纂委員会編「土成町史 上巻」(土成町史編纂室、1975年)、398頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
室戸台風
NO.
徳島3908

よく似た災害

大正6年の台風

大正6年(1917)8月3日、台風が室戸岬に上陸し、北上して台風の中心が土成町を通過した。風速16.3mの西風の直撃を受けたため、神社の古木で倒伏する... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、台風(最低気圧710.7ミリメートル)により香美の名木鴻の巣の松をはじめ町内各神社の多数の大木が倒伏した。道路・耕地・... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日5時10分、室戸台風が室戸岬の西方に上陸した。この時の中心気圧は911.9ミリバールで、世界記録を破った強烈な台風であっ... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が通過し、家屋の倒壊多く、死者もあり、被害は甚大であった。 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、未曾有の台風により、徳島市内では堤防の切り下げにより富田・内町方面で浸水家屋が多かったが、北方は吉野川改修堤防により本... 続きを読む